« 花万食品のイカ加工品 | トップページ | ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブション »

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ

2007年12月。妻と東京出張が一日だけ重なった。ちょうど良い機会だと思い3月に予約せずに行ったら満席のため入れなかったキュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロで→→→ランチを摂った。
僕はランチの一番安いコースを、妻はアラカルトでメイン一品と
デザートの二品を注文。

Mt_01 アミューズその1
トランペット茸・ジロール茸のソテー へーゼルナッツ風味
(メニューに載っていない)

Mt_02 アミューズその2
とうもろこしのベリエに 黄ピーマンのサブレ
(メニューに載っていない)

Mt_ch グラスで頼んだシャンパーニュ

Mt_03 パン

Mt_04 これもアミューズになるのかな?
タピオカを添えた
洋風茶碗蒸し
(メニューに載っていない)

Mt_05 やっと、コースメニューに載っている品が運ばれてきました。
パースニップのヴルーテ 洋梨とマロングリエ添え

Mt_06_1 子羊の鞍下肉の真空調理 赤パプリカとズッキーニ 茄子のマリネ添え

Mt_06_2 アップ

Mt_07 デザートの前に出てきた
デザート
(メニューに載っていない)

Mt_08 デザート
りんごと生姜のパルフェ セロリのフラッペ

Mt_09 コーヒーに付く小菓子
(お腹一杯で全て食べられず)

Mt_s_01 妻が頼んだメイン
あかざ海老のなんたらかんたら(名前忘れた)トリュフ添え

Mt_s_02_2

妻が注文したデザート

全ての皿が秋田では
体験できないであろう
味わいで、上品で気品に
あふれ何とも形容しがたい
至福に包まれる。

僕たちのテーブルに付いてくれたホールスタッフの方は胸にソムリエバッジが光るK氏。とても気持ちのよいサービスを提供してくれた。
僕が「写真を撮っても良いのでしょうか?」と小声で遠慮がちに聞くと、「どうぞご遠慮なく。全くかまいません。」と笑顔で答えてくれた。食事を運んでくれるときの説明、食事中のサービスや会話。あなたのおかげで、とても素敵なサービスを満喫でき、素晴らしい時間を過ごせたことに感謝です。

料理というものはこんなにも人を幸せにするものなのか。東京にはこんな感動を得られる店がいくつもあるのだろうが秋田ではそうそうないと思う。
数年に一度はこの幸福感に浸りたいと思った。
ケン太の好み度
☆☆☆☆☆
お店DATA
店名
キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ
場所
新宿区西新宿2丁目
ハイアット リージェンシー 東京
(旧称 センチュリーハイアット東京)
お店のweb
http://www.hyattregencytokyo.com/restaurant/troisgros.html
日本語公式web
http://www.cuisinesmicheltroisgros.com/index.html

|

« 花万食品のイカ加工品 | トップページ | ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブション »

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。